不妊の原因を漢方で理解したライフプランを考えることが大切

サイトマップ

不妊

私の思う不妊の3つの原因

私は30代後半の主婦ですが、現在不妊で悩んでいます。そんな私が自分の経験から思う不妊の原因は大きく3つあります。一つ目の原因は一人目出産後のホルモンバランスの乱れです。私は3年前に長男を出産しましたが、息子を出産以降大幅に乱れてしまったホルモンバランスの影響が、体のあちこちに出ています。不妊につながる最も考えられる変化としては、生理周期が不安定になってしまったこと。以前は規則正しくきていた生理が、出産後なかなか来ず、やっと1年2か月後に来たかと思ったら、不規則な状態のまま現在に至ります。
二つ目の原因は精神的・肉体的なストレスを感じていることです。長男を30代後半で出産したことから、体力的にも疲れやすいですし、育児に一生懸命向き合おうとすればするほど、それがスムーズにいかないことにストレスを感じる日々。こんな心身共に感じるストレスも影響していると考えます。二人目が早く欲しいと思いながらも、主人と生活時間に差があるため、なかなか時間と体の調整がつかないのも現状です。
三つ目の原因に性欲の激しい減退です。長男を出産するまでは普通に性欲のあった私ですが、出産直後から急激な性欲の減退を感じています。主人との時間を作っても、体がスムーズに反応してくれないことも多々あり…これら3つの理由で二人目を望みながらも不妊状態から抜け出せずにいる今日この頃なのです。

不妊の原因が分かった後のライフプランは早めに!

私は一人目と二人目を2歳差違いで産みたかったのですが、望んでいた時期になかなか妊娠できない、いわゆる不妊でした。まずひとつめの原因は、長女の授乳を1歳でやめたにも関わらず、卒乳後3ヶ月ほど生理がこなかったことです。再開してから、基礎体温をつけはじめたのですが、はじめのうちは生理周期が安定せず、月に2回きたり、2ヶ月空いたりとバラバラで、排卵日を予測することが困難でした。また、長女が明け方起きたりすると、基礎体温が同じ時刻に測れないこともよくありました。
ふたつめの原因は、主人と私との間で、二人目の欲しい時期が違ったことです。私は、近い年齢差で産んだほうが、後々、自分のライフプランをかなえる上では、有利だと思っていました。でも主人は、今長女がかわいい、だから二人目はまだ先でもいいんじゃない?という考えでした。そうこうしている間に、主人は海外出張が多くなり、物理的に妊娠は不可能になりました。
数年後、仕事が落ち着いた主人と真剣に話し合い、このままほうっていても二人目は妊娠できないという結論に達し、意を決して不妊専門のクリニックに行くことにしました。ひととおり検査をしましたが、不妊の原因になる悪いところは見当たらなかったので、タイミング法をすすめられました。運がよかったのか、一回目の挑戦で妊娠し、無事出産できました。案ずるより産むが易しとはこのことだと思いました。

不妊の原因のひとつに性交渉のタイミング

第二子を妊娠できない症状に「不妊」があります。不妊の原因には、加齢による生殖機能の低下や性交渉回数の低下などが上げられます。特に性交渉は、若いときのように頻繁に行わず、排卵日の時に子作り目的だけで行うと言う夫婦も多いと思います。しかし、排卵日に性交渉をするのが最も妊娠率が高いというのは事実なのでしょうか?
実は「排卵日に性交渉するのが一番妊娠率が高い」というのは誤りであるということが最近の研究で分ってきているのです。排卵日に一番濃い精子を子宮に届けようと、排卵日以外は性交渉をしなという夫婦もいるかと思います。しかし、精子は射精しないと体内に吸収されてしまうので、「貯める」という行為に意味はあまりないのです。
そして、精子の濃さというものは、男性のバイオリズムや体調によって変化します。排卵日だけに一番濃い精子を供給するのは困難です。その上、妊娠しやすい可能性が高まるのは排卵日から前の6日間だと言われています。排卵日4日前から妊娠する確率が高くなり、排卵日の2日前が最も高まります。肝心の排卵日にはすでに妊娠率は低下してしまっているのです。
精子が受精するには、卵管に留まって卵子が輩出するのを待っている状態が一番高いのです。ですから、排卵日当日ではすでに遅く、受精率も低くなってしまいます。その原因として、不妊だと思ってしまいストレスやプレッシャーを感じることが、さらに深刻な原因となるのです。不妊に悩んでいる方はこの点を注意して性交渉をおこなってみてはいかがでしょうか。

生活習慣と不妊の関係性はあるのか

男女が結婚をして、幸せな家庭を築くために子どもが欲しいと思うのは良いことです。一人目が順調に産まれて、二人目も順調に産まれるかと思ったらそうでないときもあります。不妊になる可能性もあるからです。その原因にはもしかしたら生活習慣が関わっているかもしれません。 一人目の子どもを産んだら子育てが待っています。子育ては子どもを育てられる喜びの反面思い通りに事が進まなくいらいらしてしまうときも必ずあります。そのストレスが不妊症の原因になるときもあります。ストレスは体全体の健康によくありませんし、ホルモンバランスを崩してしまうので、生理不順になるかもしれません。なので子育ても忙しいと思いますが、時にはしっかりとストレスを解消することも不可欠です。 ストレス解消するためにお酒を飲んだり、タバコを吸ったりすることはおすすめできません。お酒とタバコ共に生殖機能の低下に影響するので、できるだけ控えた方がよいと思います。しかしお酒は適度に飲むことは大丈夫なので、節度を持ってお酒を飲んでください。生活習慣が崩れるだけで不妊は起こってしまう可能性があるのです。なので不妊な場合は生活習慣を見直されてはいかがでしょうか。そして不妊をぜひ解消してください。

不妊の原因は?マイナス要素はなるべくなくそう

結婚して一人目の子も順調に出産できたから、このままの流れで二人目を作ろうと考える女性も多いでしょう。しかし、最近はいくつかの原因が重なり、二人目がなかなかできず、不妊に悩まされている女性も多いのです。不妊というのは、男性パートナーに原因がある場合もあれば、女性の方に原因があることもあります。男性の方は無精子症などがあって、そもそも受精しないということがあります。女性の場合だと冷え性や加齢ということが考えられます。女性も初婚が三十歳を越えてからとかなり遅くなっているのが現状ですが、三十代、それも後半になるとそもそも受精がしにくくなります。さらにそこに冷え性が加わると、不妊になってしまうリスクは更に上がってしまうのです。このように、不妊の原因はいくつかありますが、どうしても子供が欲しいという方は、マイナス要素を一つでも多く潰していくのが賢明な判断です。そう考えると冷え性の改善というのは比較的取り組みやすいのではないでしょうか。冷え性の改善には漢方が効果的と言われています。漢方はリスクも低い薬ですので継続しやすく、慢性的な体の不調に関して言えば、西洋薬よりも役に立つとも言われています。不妊で悩まれている女性は漢方薬局に相談してみましょう。

記事リスト

二人目不妊の原因はホルモンバランスの乱れ

昔から「一姫二太郎」などと言われてますね。第一子の子育ても一番大変な乳幼児期を抜け余裕が出てくると、もう一人ぐらい子供が欲しいと思うようになるものです。そのために一生懸命に「妊活」に励むわけですが、なかなか第二子を授かることが出来ないといったケースが意外と多いのです。というのも、第一子を出産した母体は、様々な不調に見舞われるケースが多いからです。その一番代表的なものが、ホルモンバランスの乱れです。妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌サイクルが変わります。エストロゲンは、…

4歳差高齢出産になりました

長男を産んだのが32歳の時でした。産んですぐの頃は、出産の苦しさから「もう二度と産みたくない」と思っていました。でも、私の姉妹は結婚していないので子どもがなく、旦那はひとりっ子のため「この子には、いとこがいないんだ」「私たちが死んだら天涯孤独になってしまう」そう思い、2人目を産もうと決意しました。決意は固めたものの、そう簡単にできるものでもありません。基礎体温をつけ始め、旦那と相談しつつ寝ている子どもを起こさないように頑張りしました。しかし一向にできる気配はありません。高齢出産の年…

二人目不妊でも自分を責めないで

二人目不妊というのは、その名の通り、二人目の子供を授かることができないことを指します。一人目は自然に授かることができたのに、何故だか二人目は思うようにいかない…。上の子を一人っ子にさせない為にも早く二人目を授かりたい!と思い悩む夫婦が数多く存在します。一度は授かった子宝。なのに何故、二人目不妊ということが起きるのでしょうか。原因とされるのが、夫婦それぞれの生殖機能に物理的な問題が起こってしまっているということです。男性側の精子の活動が弱いことであったり、女性側の卵管に詰まりが生じて…

授かりもの!予定通りとはいかない二人目の不妊原因とは

女性にとって長い人生の中で、結婚・妊娠・出産・育児は大きなイベントとなります。結婚をして、生活が軌道に乗り始めて次に考えるのは子供のことではないでしょうか?「子供が欲しい」と仕事や経済面などを考慮しながら1人目を授かり出産し子育てへ…ここまでは順調という方は多いと思います。ところが産後の低下した体力の中での授乳。これはもう大変ですよね。睡眠不足に陥りフラフラ…。育児休暇を長くとることのできない人の場合は、フラフラな状態で仕事復帰し、職場と保育園の往復で精いっぱいになってしまいますよ…